World Financial Strategy

Parallels上のPhotoshop CS6の解像度およびキャンバスの不具合修正

Photoshop CS6をParallels Desktop上のWindows10にインストールして運用開始…というところで、2点問題が発生しました。
それは、

  1. メニューバーの表示がRetinaの解像度だと小さすぎる
  2. キャンバスが市松模様(透明)となって何も表示されない

という問題です。

 

それぞれの解決方法を書きに記載します。

メニューバーの表示がRetinaの解像度だと小さすぎる

▼こんな感じです

 

これでは見辛すぎるので、対策です。

 

C:\Program Files\Adobe\...から、アプリケーションのディレクトリに辿り着き、右クリックでプロパティを表示します。

その後、「互換性」タブから「高DPI設定の変更」ボタンを押します。

 

続いて、「高DPIスケール設定の上書き」で、「システム(拡張)」を選択します。

 

これで晴れてサイズが普通になりました。解像度の関係でぼやけて見えますが、先ほどよりはるかに見やすくなりました。

キャンバスが市松模様(透明)となって何も表示されない

▼こんな感じです

 

「編集(E)」→「環境設定(N)」→「パフォーマンス(E)」と選択します。

 

右下の「グラフィックプロセッサーを使用(G)」のチェックボックスを外すことで、問題が解消されます。

 

以上、簡単ですがメモでした。

スポンサーリンク
WFS用レクタングル(大)
WFS用レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る